1. 10:36 22nd 10月 2014

    リアクション: 36

    yukiminagawaからリブログ

    植民地を解放する際には、宗主国内にいる植民地出身者には、国籍を認めることも含め、特別な法的地位を与えるのが通例です。その国の国籍法が生地主義であれば、二世以降はその国の国籍を取得するわけですし、血統主義であっても、自国内で出生し、引き続き定住している人たちには、多くの国が申請のみによる国籍取得を認めています。少なくとも、旧宗主国の中で、在日韓国朝鮮人のような立場の人たちを、二世以降、何世代にもわたって、外国人のまま処遇しているのは、日本だけです。

    もちろん、これについては、在日の側から国籍を求める声が少なかった、という点も指摘しておかなければなりません。その理由としては、どちらも「単一民族」であるという幻想を持った日本と韓国というふたつの国の狭間にあって、国籍=民族という考えからなかなか脱却できないということが一点、もう一点は、民団と総連の対立の中で、どちらも国籍によって団員をつなぎ止めておく必要があったという点、が考えられます。

    なまじ日本人とは異なる国籍を持っているがために、国籍がアイデンティティの証明になってしまい、子供に民族教育を受けさせた一部の人をのぞいて、民族としての内実になるべき、言葉や習慣などの伝達が行われなくなってしまったのは、くやんでもくやみきれないことだなぁ、と思います。といっても、過ぎ去った月日は元に戻せないわけで、日本で生まれ育ち、ずっと日本名を使い、言葉もわからないし、外国人登録証の切り替えか、パスポートをとるときでもなければ、自分の国籍さえも意識しない人が大多数である、という現在の地点から、考えていくしかないわけです。

    — 特別永住に至る法的地位の経緯|李怜香|note (via ai-koku)

    朝鮮は併合であり植民地ではない。韓国はアメリカからの独立であり日本からではない。帰国支援事業を行った上で希望者は帰化している。要は都合のいい出まかせです。

    (via gasarak)

    宗主国から独立した旧植民地ではなく、併合の後に他国占領下を経て、民族運動により分離独立を選んだ国からは、独立前の国における全ての権利が剥奪されます。
    この場合は分離独立時点で帰属の選択を求められるため、この時点で国籍は完全に確定しており、独立後に分離前の国での国籍を主張することはできません。
    国籍の移動手段は帰化のみで可能であり、分離独立した国については所定手続きの簡略化という形で救済手段が与えられます。
    これ以外の手段で国籍の多重取得は認められず、国民としての主権行為は制限されます。

    (via yukiminagawa)
     
  2. 10:36

    リアクション: 21

    yukiminagawaからリブログ

    image: ダウンロード

    darylfranz:

蓮舫に公職選挙法違反疑惑再び!新たな画像が流出wwwwwwww(※画像あり) - ラビット速報
     
  3. 10:35

    リアクション: 480

    pipcoからリブログ

    下戸故に私はそもそも泥酔することすら出来ないのですが、大酒飲みの友人(女)が泥酔して最寄り駅の前の花時計の上で大の字になり、大地と花々と一体化したまま朝を迎え、目覚めた時の肌寒さと周りの花々のせいで死後の世界に行ったかと勘違い、「死んだー!?」と叫びながら目覚めた話は大好きです。
     
  4. 10:35

    リアクション: 157

    pipcoからリブログ

    六の段は 6×6=36 で最高の盛り上がりを見せる
     
  5. 09:36

    リアクション: 42

    tatsukiiからリブログ

    image: ダウンロード

    tatsukii:

ふつくしい・・・3Dプリンターで作った角砂糖が芸術的で溶かせないよ。 : カラパイア

3Dプリンタで砂糖を印刷。
     
  6. 09:36

    リアクション: 50

    kotoripiyopiyoからリブログ

    今日も表面上はニコニコしながら心の中で (来世は海洋プランクトンでも食ってろフジツボめ!)と思う日々です
     
  7. 09:32

    リアクション: 1319

    toshiyamからリブログ

    「脅せば言うことを聞く」という成功体験をキチガイに与えてはならない。
     
  8. 09:32

    リアクション: 102

    reretletからリブログ

    美人に性格を問うなんてナンセンス
    — Twitter / こむ (via jinon) (via dannnao) (via sumireblog) (via gkojay) (via wonderthinkanswer) (via reretlet)
     
  9. 09:22

    リアクション: 47

    toshiyamからリブログ

    35: 名刺は切らしておりまして 2014/10/21(火) 20:00:03.76 ID:TiHU90si.net

    少なくとも、ほとんどのIT企業が目指しているであろう
    グーグルやアップルやピクサーは、在宅勤務させてないらしいな。

    ただそのかわりデスクスペースを一人につき4.5~6畳くらい与えている。
    食堂はもちろん、歯医者だの床屋だの、社内に生活に必要な施設をほとんど完備して
    社員にタダで使わせるようにしている。

    44: 名刺は切らしておりまして 2014/10/21(火) 20:12:25.05 ID:3Gj3NmAE.net

    »35 
    それだといかなる理由があっても会社からは
    離れられんなw
    あっちの真のエリートは日本人よりよほど働くというが
    それだけ福利厚生がしっかりしてれば缶詰でも安心なのかな

     
  10. 09:22

    リアクション: 2

    attripからリブログ

    image: ダウンロード

    attrip:

スターウォーズのテーマをヤギが歌う。STAR GOATS
     
  11. 09:22

    リアクション: 107

    otsuneからリブログ

     渡辺氏は、2001年の米同時多発テロ事件のあとに、ニューヨークで見たある光景が頭に浮かぶ、と話す。

     「あの大規模テロから2週間後にニューヨークを訪れたんです。すると、亡くなった方々に関する警察や行政からのすべての情報が一カ所に集められ、行方不明者の家族たちが家族の手がかりを求めて訪れる『ミッシング・センター』が開設されていました。この施設は、最初はダウンタウンの中央にあったそうですが、すぐに手狭になり、ハドソン川のほとりにあった、使われていない大きな倉庫を、政府が借り切って使っていました。

     驚いたのは、外観はいわゆる大規模な倉庫なのにもかかわらず、内側の壁が一面、やわらかいピンクに塗られていたこと。のちに色彩の専門家に聞いたんですが、あれは心を落ち着け、安心させる効果のある色だったようです。

     その一点の例だけに限りませんが、とにかく欧米の避難所や被災者の受け入れ施設などでは、その空間をデザインし、被災者が使いやすく、心も落ち着いていくことができるような視覚効果を取り入れているところが、かなりある。

     私が今回の展覧会を見て、もし可能なら、みなさんにぜひ取り組んでみてほしいと思ったのが、『避難所をデザインする』試みです。学校の体育館の壁はペンキで塗れないとか、いろいろ制約はあるでしょうが、そこに取り組んでいけば、日本の災害対策を変えるような成果につながっていくのではないかと思うんですね」

     力説する渡辺氏の話に、3人のデザイナーたちはうなずきながら聞き入っていた。

     
  12. 09:18

    リアクション: 181

    henkyoからリブログ

    image: ダウンロード

    zenigata:

2chan.net [ExRare]

    zenigata:

    2chan.net [ExRare]

     
  13. 09:18

    リアクション: 4

    attripからリブログ

    image: ダウンロード

    attrip:

【動画】IKEAがお化け屋敷に!子供が車に乗って暗くなった店内を爆走!IKEAハロウィーン
     
  14. 09:18

    リアクション: 13

    attripからリブログ

    attrip:

このiPhoneの壁紙かっこえええ。映画泥棒!
     
  15. 09:18

    リアクション: 187

    kramerunamazuからリブログ

    以上、簡単にまとめると、

    1. 青色LEDの実現については、貢献は非常に大きく間違いなく筆頭だが、重要なアイディアの全てを発案したわけではない。
    2. 中村さんは発明の対価として2万円以外に豊富な給与と自由な待遇を手に入れていた。
    3. 社員は中村さんをそんなに嫌っていないが、全て自分の発明だったという主張については良く思っていない。
    4. 中村さんは今の経営陣は好きではなく、いろいろ軋轢があった。

    もちろん私が見聞きしたことが全てではなく、勘違いしている部分もあるかもしれません。しかし、中村さん一人が正義を背負い日亜化学という悪と戦った、という紋切り型のストーリーで語るには事実は少々複雑だと私は捉えています。中村さんの成果が素晴らしいのは大前提ですが、ただ、みんなもう少し日亜の言い分も聞いてあげても良いのかな、と私は思います。